飛騨宮川の釣り

飛騨市河合町・宮川町の釣り情報

緊急事態宣言の延長

今日も晴れ。朝の気温は7℃。お昼頃で14℃。連休中はとても暖かい日が多かったことを思うと、ちょっと寒く感じます。

政府が緊急事態宣言の期間を5月31日まで延長しましたが、当組合でも遊漁承認証の販売について、地域の高齢者の方の取扱所について、自粛の延長をお願させていただくことになりました。

下の写真は今日の事務所裏の様子。打保ダムの放水は止まっています。

f:id:miyagawakaryu:20200507133657j:plain

先日(5月1日)の記事の内容についてご相談をいただきましたので…。

記事にあります、地域の方からのメールの内容は漁業協同組合の権限を越えるお願いではありましたが、地域の声と思ってそのまま掲載させていただきました。残念に思われる方、心配される方、嫌がらせに感じられる方、不快な思いをさせてしまったことについては大変申し訳なく思っております。

しかし、新型コロナウイルス感染症は脅威なのです。特に飛騨のような医療設備も脆弱で高齢の方が大勢住んでいる土地では感染者を出すわけにはいきません。

先日もここ飛騨市の市長も高山市長や白川村長と共同して

「現在、飛騨はお休み中です!観光地、お店、自然豊かな場所すらも、新型コロナウイルスから地域を守るために、ほぼお休みしており、今来ていただいても皆様に快適に過ごしていただくことはできません。しかし、この新型コロナウイルスが収束した折には、地域を挙げて皆様を歓迎させていただきます。そして、飛騨の魅力を存分に楽しんでいたただけるよう、精一杯のおもてなしをさせていただきます。それまで、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。今は飛騨にお出でいただくことを少し我慢していただくことが飛騨にとって何よりの助けになります。大変辛く、また失礼なお願いとは存じますが、ご理解ご協力をいただければ幸いです。」というメッセージを出されています。

今は感染拡大の心配から自粛の方向にばかり向いている状況ですが、来年、再来年のために、漁業協同組合も行政の意向をくんで進んでいくものと思っております。

どうぞ皆様よろしくお願いいたします。